女優・俳優

【画像】田村正和の若い頃がイケメンだった!デビューから人気絶頂までを時系列でまとめ!

俳優の田村正和さんは若い頃からイケメンで性格もダンディー。そんな田村正和さんには多くのファンがいます。

2021年4月3日に亡くなられたと報道され、とてもショックを受けているファンも多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、田村正和さんのこれまでの逸出演された作品で過去の画像を時系列にまとめてみました。是非最後まで読んでいただけると嬉しいです。

田村正和プロフィール

田村正和,若い頃
  • 名前:田村正和
  • 生年月日:1943年8月1日
  • 没年月日:2021年4月3日(77歳)
  • 出身地:東京都
  • 職業:俳優

田村正和さんといえば、代名詞である「古畑任三郎」が有名ですよね。そんな田村正和さんは、ダンディな俳優として人気でした。そしてこれまでに数多くのドラマに出演され、数々のヒット作を出してきました。

そんな田村正和さんは若い頃からとてもイケメンだったと言われています。そんな田村正和さんの若い頃の画像を見てみましょう!

田村正和は若い頃からイケメンだった!

1961年頃のデビュー当時

田村正和,若い頃

デビュー当時からとてもイケメンですね!田村正和さんは、1960年に兄の田村高廣が主演の映画『旗本愚連隊』の撮影現場を見学に行った際に勧められて、同映画の端役として出演。これをきっかけに高校在学中、映画『永遠の人』で本格デビューをします。

田村正和,若い頃(左)田村正和さん、(右)仲代達矢さん

1965年には『この声なき叫び』で初の単独主演を果たし、1966年以降は大学を卒業するまで学業と並行して映画、テレビドラマに出演していました。この時から学業と仕事を両立出来ていたなんてすごいです!

そして、1963年『花の生涯』からは5年連続でNHKの大河ドラマに出演しました。

1966年頃 松竹退社からフリーになる

田村正和,若い頃

デビュー当時のイケメンな写真がありましたが、まだ名前も知られていないデビュー当時は「パッとしない」や「声が通らない」という理由から脇役が多かった田村正和さん。

田村正和,若い頃

写真を見るとかっこいいのですが、当時はインパクトなどがなかったのでしょう。ですが、1970年に出演したテレビドラマ『冬の旅』で改めて存在を認識され、人気に火がつきます。

1972年に「狂四郎」で大ブレイク

田村正和,若い頃出典:東映ビデオオフィシャルサイト

1972年には、テレビ時代劇「眠狂四郎」の主人公「眠狂四郎」役に起用されると、たちまち大ブレイクします。

「狂四郎」の役は原作者の柴田錬三郎さんが、別の作品に出演していた田村さんを見初め、「是非、田村さんに。」と抜擢され田村さんも「光栄です」と引き受けたそうです。

1984年「うちの子にかぎって…」でイメージを覆す

田村正和,若い頃 田村正和,若い頃

「うちの子にかぎって…」のドラマは田村正和さんにとってターニングポイントとなったドラマです。田村正和さんのこれまでの役を見ると真面目で頑ななイメージが多かったようです。

ですがこのドラマの役所は、ちょっと頼りない優柔不断で生徒に振り回される小学校の先生役。その役が今まで見た事のない田村正和さんで見事にはまり大ヒットします。

それに続けて

  • 『子供が見てるでしょ!』
  • 『パパはニュースキャスター』
  • 『パパは年中苦労する』

など数々のコメディドラマの主演を果たしました。以降はトレンディドラマやホームコメディに多く出演し成功をおさめています。

田村正和,若い頃パパはニュースキャスター
田村正和,若い頃1983年:乾いて喉

1994年「古畑任三郎」の役で10年以上演じる

田村正和,若い頃

田村正和さんの代名詞とも言える「古畑任三郎」。このドラマは1994年から2008年に渡り放送され、田村正和さんが「古畑任三郎」の役を演じてきました。

ファーストシーズンの写真がこちらです。

田村正和,若い頃

そして、2008年にイチローさんと共演した時の写真がこちらです。

田村正和,若い頃

なんだか、あまり変わっていないようにも感じますね!

古畑任三郎といえば、警視庁きっての推理力の持ち主。わずかな手がかりや発言の矛盾を即座に見抜く鋭い観察眼と、犯人の裏をかく巧みな話術により、幾多の事件を早期解決に導いていきます。

立ち振る舞いは紳士的だが、その一方で幼稚な程細かいことにこだわり、悪戯好きで負けず嫌いな性格でもある古畑任三郎。

とても特徴のある佇まいと喋り方でお茶の間を虜にしていましたね。10年以上続くドラマを演じきったのは凄いことです!

2009年「もう君はいないのか」で第49回モンテカルロ・テレビ祭 最優秀男優賞を受賞

田村正和,若い頃出典:TBS チャンネル

この時の受賞コメントで田村正和さんはこのように語っています。

「信じられません。私が参加いたしましたこの作品が東京を遠く離れたモンテカルロの地で皆様方のご高覧を拝しただけでも大変光栄なことでございますのに、このような賞を頂けるなんて・・・。実は私事ではありますが、この数年俳優業の難解さと私自身の能力の間で大変悩んでおりました。したがってこのような賞をいただけることが私には全く信じられないことなのです。この度のこの栄えある賞が私のそう長くはない俳優人生においておおいなるエネルギーになってくれることを祈っている次第です」

引用:ウィキペディア

2009年は田村正和さんは66歳でした。古畑任三郎を長く演じてきたことで悩んでいたのでしょうか。このコメントでは今後も俳優として活動する旨の内容を語られていますね。

2018年「眠狂四郎 The Final」に出演

田村正和,若い頃

この頃になると、痩せられたのか少し「おじいちゃん」に近づいているように感じます。その理由として、当時田村正和さんは病気で、高齢のリスクを抱えた上で負担の大きい心臓の手術をしたようです。

痩せられて、声も出しにくくなった中での撮影だったのですがドラマへの思い入れが人一倍強い田村正和さん。

「狂四郎というのは自分の出生に大変なコンプレックスを持っている男なんですけど、今回少しだけ明るい光が入ってくるような部分もあります」

と述べていたようです。「狂四郎」は田村正和さんにとって本当に大事な作品だったようですね。

まとめ

田村正和さんのこれまでの主な作品をまとめてみました。デビュー当時の若い頃からイケメンだった田村正和さん。

これまで走り抜けてきた芸能活動からゆっくりと休んでいただきたいですね。

 

error: 右クリックは出来ません。