スポーツ

【空手】 清水希容の流派や道場はどこ?師匠や現在の段位について調査!

東京オリンピックの清水希容選手が銀メダルを獲得しましたね!形がとても綺麗で清水希容選手は美人なので宝塚にいてもおかしくない!と言われるほど美しかったです。

そんな清水希容選手はどこの流派なのでしょうか?また、ここまで美しく磨いてきた道場や師匠も気になりますよね!

この記事では清水希容選手の流派や道場、師匠、段位、形について調査しました。

【空手】清水希容の流派はどこ?

空手,清水希容,流派

清水希容選手の空手の流派は沖縄空手の「糸東流(しとうりゅう)」です。

糸東流(しとうりゅう)とは?

空手の流派「糸東流」とは」とは四大流派の一つとされ、人気の高い流派です。国際大会の上位入賞者も「糸東流」を学んでいるとも言われています。

糸東流の特徴は、首里手と那覇手の両方を取り入れている所です。さらに、琉球古武道の棒術や釵術(さいじゅつ)をも技に組み入れた、総合的な武道です。

さらに、糸東流は糸東流は、とにかく技が多彩なので、形もとても多いのも特徴です。

糸東流の歴史

糸東流は1934年に摩文仁賢和(まぶにけんわ)によって開かれました。流派の由来は流派名を糸洲、東恩納両師の頭文字を取り「糸東流」と名乗ります。

創始者の摩文仁賢和(まぶにけんわ)は、首里手の空手の大家である糸洲安恒(いとすあんこう)師について糸洲派(いとすは)を学びました。

空手以外には琉球古武道の棒術、釵術などを学びます。それら全ての技術と精神を融合、融和させたものが糸東流空手道です。

【空手】清水希容の道場はどこにある?

清水希容選手は小学3年生のときから「糸東流空手道養秀館」に通っていたことが分かりました。糸東流空手道養秀館は大阪市港区に道場があるようです。

空手,清水希容,流派

糸東流空手道養秀館は道場というよりも地域の人が使えるコミュニティセンターのような場所のようですね!

現在はミキハウスに所属しているので、ミキハウスの道場でトレーニングをしているようです。

清水希容の師匠は誰?

清水希容選手の空手を始めた頃の師匠は誰だったのでしょうか?調査をしたところ、小学生の頃から指導にあたっているのが園山晶枝先生だったようです。

その後、東大阪大敬愛高で空手部総監督を務める山田ゆかり教頭に指導してもらっていたようです。

園山晶枝先生は女子空手・形の指導者としてとても有名な方と言われています。空手会でも有名な方のようですね。

清水希容の現在の段位は?

空手,清水希容,流派

清水希容選手の段位は2017年時点で「3段」のようです。糸東流の段位取得には条件があり、4段取得には3段取得後2年以上および満26歳以上でないと取得することができない条件となっています。

清水希容選手は現在27歳の為、現在は4段の昇級を目指している途中と予想できますよね。段位取得の条件はなかなか厳しいと言われているので清水希容選手には頑張ってほしいです!

糸東流の段位取得や年齢をまとめてみてみましょう!

  • 初段…1級資格者 制限なし
  • 2段…初段資格者 高校生以上 制限なし
  • 3段…2段資格者 満20歳以上
  • 4段…3段取得後2年以上 満26歳以上
  • 5段…4段取得後3年以上 満30歳以上
  • 6段…5段取得後5年以上 満36歳以上
  • 7段…6段取得後6年以上 満43歳以上
  • 8段…7段取得後7年以上 満50歳以上

かなり厳しい条件が揃っていることが分かりますね!清水希容選手は今後どこまで目指すのでしょうか?

楽しみですね!

まとめ

清水希容選手の流派は「糸東流(しとうりゅう)」だったことが分かりました。小学生の頃から空手を始め、有名な師匠に指導してもらっていたようですね!

今後も活躍される清水希容選手。3年後のオリンピックも楽しみです!

error: 右クリックは出来ません。