お祝い

福井県の佐佳枝廼社で安産祈願と百日参り*事前に行う準備はある?

福井県で安産祈願や百日参りを行う神社はお決まりでしょうか?私は今回、佐佳枝廼社(さかえのやしろ)で行ったのですが、神社の雰囲気や巫女さんの対応がとても素敵でした。

初めての安産祈願・百日参りだったので、準備するものや予約方法など分からないことだらけ…。調べながら準備を進めたので、とても時間がかかりました…。

そこで、福井県の佐佳枝廼社で安産祈願・百日参りを考えている方に予約方法や準備するものなどを私の体験をもとにまとめてみました。

佐佳枝廼社でのご祈祷を考え始めた方は、是非参考にして頂けると嬉しいです!

安産祈願・百日参りとは?

福井県,安産祈願,百日参り

まず、安産祈願と百日参りはどのようなものなのでしょうか。それぞれまとめてみました。

安産祈願とは?

安産祈願とは妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に腹帯(ふくたい)を巻いて神社で安産を願う日本古来の風習です。犬は比較的お産が軽く、沢山の子犬を出産することから安産の象徴とされ、安産祈願と戌の日が結び付けられました。

妊娠5ヶ月目に入ると安定期に入り、人によって様々ですがつわりが落ち着くころですね。その為妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に安産祈願を行う方が多いようです。

体調が優れないときは別日を立てるなど、お母さんの体調を優先しましょう!

百日参りとは?

百日参りとは生後100日を前後に、赤ちゃんが一生食べることに困らないようにという願いを込めて行う行事の事を言います。「お食い初め」と聞くと知ってる方が多いかもしれません。

地域によって風習が異なるのですが、福井県の場合は百日参りがお宮参りとなるようです。お宮参りは赤ちゃんが産まれてから初めてお参りするという日になります。

この時、神様には健やかな成長と生涯守ってもらえるよう祈願をします。

福井県福井市にある佐佳枝廼社とは?

福井県,安産祈願,百日参り

では、福井県福井市にある佐佳枝廼社とはどのような神社なのでしょうか。

佐佳枝廼社とは

佐佳枝廼社は福井県福井市大手にある神社です。寛永5年(1628年)に建立され、徳川家康公をお祀りしたことで始まった神社になります。

佐佳枝廼社は毎年多くの参拝客が訪れ、初詣をはじめ七五三や神前結婚式など人生の節目に多くの方が参拝しています。

神社の近くにはホテルが建っており、ホテルの中から佐佳枝廼社へつながる通路もあります。遠方から来て参拝する人はホテルから神社が繋がっているのはありがたいですね!

佐佳枝廼社での安産祈願・百日参りで準備するもの

では、佐佳枝廼社で行う安産祈願・百日参りで準備するものや予約方法はどのようなものでしょうか。

それぞれまとめてみたので是非参考にして下さい。

安産祈願で準備するもの

福井県,安産祈願,百日参り

ではまず安産祈願について紹介します。安産祈願で気になる事は予約方法や腹帯の持ち込み、初穂料についてではないでしょうか。

安産祈願で気になる事をまとめてみました。

  1. 予約方法→当日受付なので予約はいらない
  2. 腹帯の持ち込み→OK
  3. 初穂料→5,000円~
  4. 授与品はある?→ある

1.予約方法

佐佳枝廼社で安産祈願を行う場合、予約は必要なのでしょうか。

実際に佐佳枝廼社で安産祈願を行いましたが予約は必要ありませんでした。当日に安産祈願の受付を行い、数分後にご祈祷になります。

戌の日の大安はすごく混み合うので、混雑を避けたい場合は朝方に行くと空いています。

2.腹帯の持ち込み

安産祈願で使う腹帯は持ち込みはOKなのでしょうか。

神社によって異なる腹帯の持ち込みですが、佐佳枝廼社は持ち込みOKです。持ち込みする際、包装をどうするか悩む方が多いと思いますが基本的に包装はなしで大丈夫です。

私が実際包装をして、のしを付けて持参したのですが、受付の際に包装を外して良いか聞かれました。

あまり中身を見られたくないという方は包装をした方が良いのですが、気にしない方は包装・のしはつけなくても問題ありません!

3.初穂料

佐佳枝廼社で安産祈願をする場合、初穂料は5,000円からになります。5,000円以上はお志ということですね。

4.授与品はある?

佐佳枝廼社で安産祈願を終えた後は授与品はあるのでしょうか。

授与品はご祈祷後に頂けます。そして、私が頂いたものは下記になります。

  • お札
  • 腹帯
  • お守り
  • 五穀米
  • 冊子

腹帯は自分が持参したものと神社からもらえるもので2枚です。その他に、安産祈願のお守りを貰ったので、仕事中も肌身離さず持ち歩いていました。

ご祈祷の受付終了後に絵馬を貰えるのでそこで願い事を書いて掛けることが出来ます。

百日参りで準備するもの

福井県,安産祈願,百日参り

では百日参りについてご紹介させて頂きます。百日参りの気になる事は予約方法、貸衣装、初穂料、祈願で行われる事などではないでしょうか。

それぞれについてまとめてみましたので参考にして下さい。

  1. 予約方法→当日受付
  2. 貸衣装→佐佳枝廼社では出来ない
  3. 初穂料→5,000円~
  4. 祈願で行われる事→額に大の字

1.予約方法

佐佳枝廼社で百日参りを行う際は予約は必要ありません。

当日受付を行い数分後にご祈祷が始まります。結婚式が入っている場合は待ち時間が少し長くなるので待ち時間を避けたい方は結婚式が入っているかを電話をして確認すると良いでしょう!

2.貸衣装

お参りをする際に赤ちゃんに着せる衣装。神前ということで赤ちゃんが失礼のない装いをする為に貸衣装が必要になります。

その貸衣装ですが、佐佳枝廼社では行ってません。

そこで貸衣装を借りることが出来るのが、佐佳枝廼社に隣接するホテルの中にある写真室です。記念撮影を行うことが前提ですが衣装を貸してくれます。

ご祈祷が終わった後は、貸衣装をそのまま返却して大丈夫です。

他にも写真撮影を行うスタジオでは基本的に貸衣装を行っているので、記念撮影を行う写真館に問い合わせてみて下さい。

3.初穂料

佐佳枝廼社で百日参りを行う際の初穂料は5,000円からになります。5,000円以上はお志ということですね。

4.祈願で行われる事

佐佳枝廼社で行われる百日参りではどんなことが行われるのでしょうか。

百日参りでは祈願が終わった後、赤ちゃんの額に大の字を神主さんが書きに来てくれます。この時赤ちゃんが眠っていたら綺麗な大の字を書いてもらえるのですが、泣いたりしてしまうとすこし偏った大の字になります。

大の字を書いてもらった後は、玉串を捧げて完了です。

当日に記念撮影を行いたい場合、額の大の字を入れたくないときはご祈祷の前に写真撮影をするのがオススメです!

まとめ

この記事では安産祈願・百日参りを福井県福井市にある佐佳枝廼社で行う際の事前に準備するものについてまとめました。

大切な新しい命だからこそ、一つ一つの節目を大切にしたいですね。これから佐佳枝廼社で安産祈願・百日参りを考えている方は是非参考にして下さいね!

皆様の赤ちゃんのこれからの成長を願っています!

error: 右クリックは出来ません。