お祝い

福井県のお食い初めはどこがいい?人数が多い場合は香爐園がオススメ!

子供の成長をお祝いする一つの行事「お食い初め」を福井県で大人数で行う際はどのお店が良いのでしょうか。

私は今回のお食い初めで、私たち夫婦と祖父母、義兄夫婦と子供の10名で行いました。そして私は福井県が地元ではなかったので、予約する際どのお店が良いのか分からずとても悩みました。

そんな悩んでいる私に、義兄夫婦にオススメしてもらったお店が香爐園(こうろえん)です。福井県で人数の多いお食い初めを行いたいけど、どこのお店が良いか分からない!という方は是非参考にして下さい。

お食い初めとは?

福井県,お食い初め

お食い初めとは平安時代から行われている日本の伝統行事です。

お食い初めは地域によって異なりますが、生後100日~120日を目安に行うことが多いようです。その為、生後100日を祝う「100日祝い」とも呼ばれています。

「お食い初め」は赤ちゃんに実際は食べさせず、食べる真似をする儀式です。初めてお箸を使って食べる真似をすることから、お食い初めを「箸揃え」「箸祝い」「真魚(まな)初め」と呼ぶ地域もあるようですね。

私自身もお食い初めを食べる真似をしているとは知りませんでした…。お食い初めは赤ちゃんの成長を願い祝う日ですが、100日まで育児を頑張ったお母さんやお父さんによく頑張ったね!と褒めたたえる日でもあると私は思っています。

令和の時代の食い初めは夫婦と赤ちゃんのみで行う家庭も増えてきていますが、今回私たち夫婦は100日を迎える子供と義兄夫婦と子供2人、祖父母の計10名で行いました。

そんな大人数でお食い初めを行ったお店が香爐園です。初めて行ったお店なのですがとても素敵だったので、これから福井県でお食い初めを考えている方に是非オススメしたいと思っています。

そこで、この記事では香爐園でお食い初めを行うオススメポイントを紹介させて頂きます。

香爐園ってどんな所?

それでは、香爐園がどんなお店なのかを紹介させて頂きます。

香爐園について

福井県,お食い初め

香爐園は福井県福井市中央にある、落ち着きのある料亭です。

足羽川の近くにあり四季折々の景観を楽しめることでも有名な料亭。春には桜並木を見ることが出来、宿泊をすることも出来ます。

香爐園の部屋は最大30人入ることが出来る大広間から最大5名がくつろげるお部屋があったりと目的やシーンに合わせてお部屋を用意してくれます

食事以外にもお部屋の掛け軸からお庭の細かいところま四季折々を楽しめるよう支度をして迎えてくれる素敵な料亭旅館です。

香爐園

落ち着きのある空間なので、社長さんが接待で使うこともあるそうです!

香爐園でお食い初めを行うオススメポイント

では香爐園でお食い初めを行うオススメポイントをご紹介します。

私がオススメするポイントをまとめてみました。

  1. 人数が多くても入れる個室がある
  2. 予算に応じてメニューのリクエストに応えてくれる
  3. 部屋の入口と外廊下に距離があるので部屋の声を気にしなくて良い

オススメポイント1

香爐園は最大30人が入ることの出来る大広間から5人ほどが入れるお部屋があります。

人数や目的に合わせてお部屋を用意してくれるので家庭の環境や使用目的を伝える事で希望通りのお部屋を使用することが出来ます。

オススメポイント2

香爐園では目的や予算に合わせた料理を出してくれます。

コース料理はサービス料と座席料が込みで6,000円~10,000円(お昼の場合)になります少し高く感じてしまうかもしれないですが、魚は新鮮でお肉はジューシーで量も丁度良いです。

固定メニューだけでなく、目的と予算に合わせた料理を出してくれるのもオススメポイントになります!

オススメポイント3

今回使用させて頂いた大広間では和室の前に前室がありました。

なので、和室から外廊下まで距離があると声が聞こえにくかったのがオススメです!子供が泣いたり、はしゃいだりした時は周りの事を気にして怒ってしまう事はありませんか?

前室があれば和室と外廊下に距離があるので声が漏れにくいため大人数の場合おススメです!

香爐園でのお食い初めの感想

それでは、香爐園でお食い初めをした感想をお伝えします!

香爐園の感想:お部屋

今回私は大広間を用意して頂きました。

福井県,お食い初め

大広間はとても広く、畳のお部屋にテーブルと椅子と赤ちゃんが座る椅子が並べられていました。広さは小学生の子供が2人はしゃいでも問題ないくらい広かったです。

感想として、雰囲気は旅館のようでゆったりとしたくつろげるお部屋のように感じました。

そして、広いお部屋の入り口には前室があるので、荷物を置いたり赤ちゃんを置いて靴を履くことが出来ます。冬でスノーブーツを履いている時はありがたいですよね!

部屋から見える景色ですが、私が行った日は大雪の後だったので一面銀世界。銀世界で広がる福井市もとても風情があって綺麗でしたよ!

香爐園の感想:料理

では、料理についての感想です。

最初に赤ちゃんのお膳の紹介をします。赤ちゃんに出るお食い初めの料理は「鯛とお赤飯」のみでした。

少なく感じたのですが、実際に赤ちゃんが食べるわけではないので、時間も短く済みこの2つのメニューで丁度良かったと思いました。長時間赤ちゃんが椅子に座っているとぐずってしまいますよね。

そして、鯛とお赤飯の食べる真似が終わったら残りはパパのお腹の中へ(笑)。パパが美味い!と言いながら鯛とお赤飯を頬張っていたのは面白かったです。

その後、お食い初めで余った鯛とお赤飯は包んでもらい、持ち帰ることが出来ます。私が持ち帰った鯛とお赤飯は、鯛めしと澄し汁にして美味しく頂きました!

お食い初めで使う「歯固めの石」は参拝した神社から持ってくると良いと言われているので香爐園では用意されていませんでした。歯固めを行う場合は忘れずに持っていきましょう!

次に大人に出た料理です。

大人に出る料理ですが、コース料理だったので色々な料理が運ばれてきました。もちろん小学生などの子供向けメニューも出してくれます。

四季を感じる料理から新鮮なお魚、ジューシーなお肉などとっても美味しかったです!

香爐園の感想:従業員さん

香爐園の従業員さんはとっても親切でした!

特に店長さんは物腰が柔らかく、人当たりの良い方でした。出迎えでは店長さんが入り口で迎えてくれ、お部屋まで案内をしてくれました。

見送りの時は全従業員の方いるのではないか?と思う位皆さん揃ってくださり見送ってくれたのがとても印象的です。

お部屋での接客も、こちらの要望に笑顔で対応して下さりとても助かりました。

まとめ

この記事では大人数でお食い初めをするときは香爐園がオススメと紹介させて頂きました。

香爐園のオススメポイントは

  1. 人数が多くても入れる個室がある
  2. 予算に応じてメニューのリクエストに応えてくれる
  3. 部屋の入口と外廊下に距離があるので部屋の声を気にしなくて良い

の3つになります。

子供の成長の喜びを分かち合うお食い初め。

家族が笑顔で過ごせる思い出に残るお食い初めになって欲しいと思います。

 

error: 右クリックは出来ません。